スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張って、いい点取りたい!?

こんにちは。


昨日、中2になった生徒と話していて、興味深かったことがありました。


その子は、
「なんか最近、なんで勉強してるのか分からなくなってきちゃったんです」
という悩みを抱えていました。


そんな中、色々な話を聞いているうちに、
「高い点、いい順位を取りたい」
という話になってきて…


ほうほう…
「ところで、
自分が頑張って一桁順位を目標にして達成するのと、
自分が頑張って協力してその人が目標の一桁順位を達成するのと、
どっちがうれしい?」


と聞いたら、ん?と一瞬考えていましたが、ほぼ即答で
「人が達成して喜んでくれた方がうれしい」
と答えてくれました。


普通に考えたら、意外な答えですよね。
僕も聞いといてなんですけど、まさかの回答だったので一瞬ためらいました(笑)
彼の純粋さを考えてなかったのかも(>_<)


このとき、他にも話をして…彼は最後はやる気を持って帰宅していきました。
詳しいはまた後日…。


ただ、先ほどの僕の問いに、彼の感じた答えというのは
普段大人が子どもたちに言う勉強の意味や目的、目標を、改めて考えさせる答えだなと感じました。


学力をつけることが目的じゃなく、つけた学力をどのように使うのか。
学力をつけることで切り開いた道の先で、自分が人に喜んでもらっている姿。
そんなことが豊かに想像できたら、子どもたちはもっともっとやる気になるのかもしれませんね。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。