スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジティブにならなくていい

こんにちは。


最近生徒に言われたのは「先生めっちゃポジティブだよね!」って言葉。


言われて思ったのが、「うーん、それは違うな」と。


なぜって僕はポジティブって言葉があまり好きではありません。
なんかその反対にある「ネガティブ」っていうのを否定している気がするので。


なので、いつも生徒に伝えるときには「強さ」と「弱さ」という言葉を使います。
それに、弱さは否定しません。
弱さがあるからこそ強くなろうと思えるし、弱さや痛みを嫌というほど経験した人ほど本当の強さが分かります。


だから、「ポジティブになろう」じゃなくて「強さを持とう」
くじけたり転んだりしたときは、そんな自分の弱さを乗り越える強さを持とう。


ペガサスの生徒たちには、痛みや弱さを知っている強さを持ってほしいんです。


なーんか偉そうな感じですが、最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。