スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙に「参加できる」18歳を目指して

こんにちは!

先日、選挙権を得られる年齢を従来の20歳以上から18歳以上へ引き下げる改正公職選挙法が、
参議院にて全会一致で可決、成立しました。
成立に当たり「全会一致」というのは少し違和感がありますが、
反対意見は無く全て賛成票で成立したのですから、よっぽど問題も無く素晴らしい法案であるのでしょう……。
と、言いたいところですが本当にそうでしょうか。

確かに、18歳から参政できることについては僕も賛成です。
……つまんないですね~(笑)
いや、でも本当に賛成です。
より多くの国民の民意が政治に反映されるというのは、民主主義として素晴らしいことだと思います。
しかし、現在の18・19歳の若者は政治に興味があるのでしょうか。
昨年行われた衆議院選挙において、調査では20歳~24歳という年代の投票率は30%を切っているようです。
3人もしくは4人に一人の割合でしか投票に行っていないということになりますね。
18歳といえば高校生。これからは学生も有権者となるということで、
学校でいかに主権者教育を行うかという議論も高まってくるでしょう。

それでは、学校や塾という教育機関としてできることは何でしょうか。
僕の意見は一言で表せば、ずばり「興味を持つこと」です。
学校の先生にもよるでしょうが、現状の学校の公民・歴史の授業で、政治に興味を持つことは少ないでしょう。
第一、高校生にもなると大学受験のための勉強に時間を取られ、
受験に出ないような興味の勉強をする機会は奪われてしまいます。
文字通り「お受験のための知識」しか教えている暇がないのです。
しかし、冷静に考えれば公民・歴史の授業は、十分現在の政治に繋がる内容です。
テレビのニュースも思考材料になります。
興味を持てば、18歳で選挙権を得るまでに考える時間は十分にあります。
その興味付けのため、ペガサスでは授業前のスピーチの時間に僕がリーダーになった時は
ほぼ毎回時事ニュースや近現代史などを取り上げた内容を話しています。
生徒に質問を投げかける参加型のスピーチです。

いずれにしても投票に行くという行為は、有権者の重要行動の1つです。
国政に正しく参加できる人が若い世代からも増えれば、
国にとってもそこに住む国民にとってもより良い未来を作っていけます。
なぜなら若い世代というのは、これから「一番長く日本で暮らす世代」なんですから。
他人ごとではなく自分たちのこととして考え、参政するべき世代が若い世代なのです。
スポンサーサイト

スピーチテーマ

こんにちは。


え~、朝礼の中で行われているスピーチ時間の幅が拡大され、
「1分間スピーチ」
改め…
「3分間スピーチ」
となりました!


理由は、
1分だと時間が限られすぎており、スピーチテーマの幅が広がらないのではないか
と感じたからです。


すると、今までは日記のような内容の発表内容だったのですが、
最近はテーマの内容がバラエティー豊かになりつつあります。
例えば、
「折り紙での○○の折り方」
「自分の好きなマンガのアピール」
「みんなで腹筋30回」 (スピーチ!?ちなみに僕じゃないですよw)
などなど。


これは成功w?失敗?
しかし最近のスピーチは、限定一人の枠に立候補者も多く、
「皆の前で話したい!」
という思いが個々に広がってきています。


まずはいい流れだと判断しています♪
さて、明日はどんなテーマのスピーチがあるでしょうか(^O^)

【朝礼】挨拶訓練の成果報告

こんにちは。


ペガサス浅草橋教室では、授業開始時に毎回、朝礼をやっています。
というのは何度も書いていますが…


9月から始めたこの朝礼の中には、
「一撃必拶」
というプログラムが組み込まれています。
読んで字のごとく、大きな挨拶を一発、みんなで行います。
保育園の頃や小学校の低学年だった頃、羞恥心のかけらもなく大きな声で挨拶していましたよね♪
あの感覚です。


目的は単純に、「元気な挨拶ができる人」に育ってもらうため。
でも、果たして訓練をしていたらそうなるのか…!?
と思っていたのですが、ここにきて成果が一つ報告されました(>_<)
そのエピソードをご紹介します。


それは中学3年生のAくんという生徒。
ちなみに彼は、自称「ビビり日本一」です(笑)
3年生は、入試後に学校の卒業遠足という楽しみなイベントを控えているそうです。
しかし、12月に入って行われた学年集会で学年主任の先生からこんな発表があったそうです。
「最近になって、3年生の生活態度が乱れている。
このままで、卒業遠足に行ってもいいものだろうか。
最悪の場合は、中止にする。」


これを期に、各クラスで男女1名ずつの代表を決め、生活態度の引き締めを行うということになったようです。
そして、集まった代表でチームを発足。
その名も「マスターズ」
名前の由来は良く分かりませんが…(笑)
とにかく活動が始まったということです。


そこで、その中学3年のAくんが
「挨拶をしっかりするようにしよう」
と、挨拶の代表になりました。
そこで再び学年集会が行われた場で…
「挨拶訓練をします!」と(笑)
さすがうちの塾生!
協力者も集い、立派に一撃必拶を行い、生徒たちもそれにちゃんと返してくれたそうです。
終わった後は、生徒たちからは
「おもしろかった」
「すごいな」
と。
そして先生方からは
「素晴らしかった」
「人を巻き込む才能がある!」
と真剣に感動されたようです。


僕も正直、「すごい、そこまでやったか!」という感想です(>_<)
でも彼がしみじみと「ペガサスで挨拶訓練やってなかったらできなかったな~」と。
1つ成果が出たことがとても嬉しく思います。
そして、この経験から彼が学んだことが、彼の人生を明るく切り開いていくよう願うばかりです。



1分間スピーチ

こんにちは!


朝礼で新しく始まった「1分間スピーチ」。


テーマは、「伝えたいこと」


最近の出来事から、
学んだこと
知ったこと
考えたこと
感じたこと
面白かったこと


朝礼のリーダーが、参加している人に「伝える」ことを意識して話してもらうことになりました。


初日の今日は、練習も兼ねて、数人立候補を募りました。
発表は、ギクシャク。
でも我こそは!という生徒がこぞって立候補してくれました!
遊びや、野球の練習などテーマは様々。
中には、いい発表もありましたよ~(^O^)


授業の始めの短い時間を、どのように成長の時間にしていくのか。
工夫は続きますが、これからが楽しみな企画が一つ始まりました♪


続報は、後日!(>_<)

朝礼

こんにちは!


ペガサス浅草橋教室では、塾にしては珍しく?授業の前に「朝礼」を行っています。


朝礼を行う目的は、
ー授業前の集中力を高める
ー人前での表現力の育成
ー生徒たちが承認し合える空間を作る
ー良い習慣を身につける
 (挨拶・挙手・返事・思考・拍手など)


いざ始めてみると、生徒の反応は、
「エンジンかかっていい!」
「最初の挨拶で気分がスッキリする」
「朝礼リーダーは緊張するけど、やると楽しい」
「楽しい」
「人前での発表に慣れてきた」
などなど。
思った以上の成果です(^^)


体験授業で来てくれた子も、驚くかな?と思ったのですが、喜んで参加してくれたのでうれしかったです!
これからペガサスに通うことを考えている方は、朝礼も楽しみに来てくださいね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。