スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「永遠の0」

こんにちは♪


今回のオススメ図書は、


「永遠の0」百田尚樹


第二次世界大戦を戦った日本。


そのとき実際に戦地へ行って戦った人たちは、どんな思いで戦っていたのか。


学校で教えてもらえる歴史とは、「誰がいつ何をした」ということを記憶するためのもの。


しかし、本当の意味で歴史を学ぶということは、歴史を作ってきた先人の方々から学ぶということだと思います。


僕は、先人が


ーどんな思いで生き、それが歴史に刻まれることになったのか。


ー何のために、事を成そうと生きたのか。


そんな「思い」の部分を学べたら、ただの記憶する勉強ではなく、自分の心を育てる勉強になるんじゃないかな、と思います。


僕も生徒の興味を惹きつけられるような話ができるように頑張っていますが、このような本を読むことで学んでいってくれる嬉しいです(^-^)

img_221886_7190047_0 (1)

スポンサーサイト

ペガサスで子どもたちに人気の本

こんにちは!


今日は子どもたちに人気のオススメ図書の紹介です(^-^)


【夢をかなえるゾウ】


教室では、本を読むことが好きな子であれば5年生、そうでなくても6年生からオススメしています。


もちろん中学生はほとんどの子が読んでいます。


普段全く本を読まない小6の子が1日で読んでしまったくらいなので、面白さは折り紙つき!?です♪


内容は、「笑えて泣けて、タメになる」


ドラマにもなっていますし、ご存知の方は多いかもしれませんね(>_<)


これから社会に出て、楽しく生きようと願う子どもたちには一度読んで欲しい本です!


ペガサス浅草橋教室では、景品にしたりしてプレゼントしていますが、ご家庭にも一冊いかがでしょうか(^-^)

s_b0208971_1035059.jpg

【オススメ図書】できる子にする「賢母の力」

こんにちは!


今回紹介させていただく本は、僕が尊敬する木下晴弘さん著の、


【できる子にする「賢母の力」】


木下さんの講演やセミナーには何度か参加しました。


そこで学んだことや木下さんの書籍は、教室での子どもたちとのコミュ二ケーションに大いに生かされています。


「愛情はあるのに、子どもに伝わらないのはなぜだろう?」

「いけないことは分かってる。でもどう直していいのか分からない。」


そんな悩みはたくさんあると思います。


でも、愛情たっぷりのお母さん・お父さんだからこそ読んで欲しい!


そんな一冊です(^-^)


s_009 (2)

s_010 (1)

【オススメ図書】キッズコーチング

こんにちは!


ご家庭内でのお子さまとのコミュニケーションにこの一冊(^-^)


あまり今日の出来事など話してくれない。
不用意な一言で子どもがやる気を失った。
たまにどう接していいのか分からない。


等など、子育てに問題はつきもの!


ところが・・・


自分の接し方が変わると、子どもが変わります。
劇的に変わります。


これは僕が、本当に感じていることです。
塾で子ども達と週に数時間しか接していなくてもそう感じるので、保護者の方たちなら尚更でしょう。


この本は、物凄く多くのヒントがあったので紹介させていただきました(^O^)

s_011 (2)

s_012.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。