スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペガサス通信を発行しました

こんにちは。


ペガサス浅草橋教室では、毎月「ペガサス通信」を発行しています。
ポストに入ってた!なんて方もいらっしゃるのでは(^ω^)


そのペガサス通信、浅草橋教室のことをご紹介させていただいているのはもちろんですが……


実は皆さまのお役に立つ!?情報もあるんです(>_<)
裏表紙をご覧ください(^O^)


s_ペガ通信外


同じ浅草橋・蔵前地区で頑張る店舗様にご協力いただき、お得なクーポン券を付けることができました♪
お得な内容ですので、是非ペガサス通信を持って行ってみてくださいね(^-^)
そして表紙は、今月の生徒!
最近目覚しい成長をしたと感じる生徒を紹介しています♪


そしてペガサス通信の内側は、
☆教室で起こった出来事
☆イベント
☆生徒たちの成長
など!


s_ペガ通信内


ペガサス通信は、教室1階の外のクリアボックスにも入れてあります。
ここどんな塾?今月のクーポンはどのお店?
と気になった方は、皆さんお気軽にお持ち下さい。


スポンサーサイト

反省

こんにちは。


昨日、反省すべきことがありました。


今、ペガサス浅草橋教室では、あいさつができる人に育とう!ということで【日本一のあいさつ】という取り組みをしています。


そんな中、あいさつをせずにササーッと帰ってしまった生徒がいました。


ちょうどお母さんも迎えにきており、あれ?という間に行ってしまったんです。


そこで僕は、「先生怒ってたよ!って伝えといてください」とお願いしてさようならをしました。


そうしたら1分後くらいにその子が勢いよく戻ってきて、大きな声で「さようなら!」と言いにきてくれたんです。


内心、「良かった!」と感じましたが、すぐに疑問が…。


(一体なぜ、あの子は戻ってきてあいさつしてくれたんだろう…)


そう考えた時に、自分の間違いに恥ずかしくなりました。


おそらく、お母さんは僕のセリフをそのまま伝えてくれたと思います。


「先生怒ってたよー!」


その時、その子はどう思ったでしょうか。


【先生に怒られたくないからあいさつしに行こう】


この子の心を伸ばそうと思うなら、こう考えさせてしまったことに疑問を持ちます。


もし、僕が「先生が怒ってた」ではなく、「先生が悲しんでいた」ということを伝えられたら、あいさつをしに戻る動機は全く違うものになっていたはずです。


【先生を悲しませないように戻ってあいさつをしよう】


お母さんに伝えていただいた上に、トンチンカンなメッセージ。


ダブルで恥ずかしくなりました。


昨日は伝え方を間違えたことを反省した日でした。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

反省の仕方・させ方

こんにちは。


最近、新しい学びがありました。


それは「反省の仕方」です。


これは僕たちのような大人向けの話です。
保護者の皆さまにも当てはまる方はいらっしゃると思いますし、もちろん僕にも当てはまります。



よく、子どもと接していて「あ、ダメなこと言っちゃったな」とか「今の言い方良くなかったな」と思うことはありませんか?
僕は少なくとも、よく…ではありませんが、たまに…あります(笑)
あ、こんなこと書いてしまったらペガサスにお子さんを預けるのが不安になってしまうかも!?
でも、事実です。
確かに、「あー、よくなかったなぁ…」と思うことってあります。


こんなとき、僕は「自分はよくないな」と思っていました。
で、自己嫌悪。
ハァ~~~~~……(T_T)
こんな感じです。
こういうこと、皆さまはありますか?


そこで、今回学んだことをご紹介します。
それは、「それでもOK!」という考え方です。
具体的にはこうです。
「自分はOK!でも、今日子どもに間違った伝え方をしてしまったことはよくない」
「私という人間は間違っていない。でもあんな伝え方は間違っていた」
というように、自分自身という人間性と、行動は切り離して考えることです。
自分自身という人間は認めたうえで、行動を振り返る。
僕はこうすることで、落ち込んでしまうような感情ではなく、しっかりとした理性で考えることができるように感じました。
いかがでしょうか。


そして、これは子どもを叱るときにも有効みたいです。
子どもが何か叱らなければならないことをしたとき…
「あなたは、こんなことをしてダメな子だね」
と言うのか、
「あなたは立派な子なのに、なぜそんなことをしたの?」
と言うのか…
どちらの言葉で接したいですか?


初めて聞いたときは、細かいなー。と思いましたが、やってみると案外自分にも子どもにも、効果がありますよ(^-^)


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【書初め&凧揚げフリースタイル!】

皆さま、明けましておめでとうございます。
2014年、一発目のイベントを行いました♪


皆で集まっての書初め。
そして、自作の凧で凧揚げ!
なんと言っても「フリースタイル」なので、何を書いても描いても良し(>_<)
みんな直感的に好きなことを書きながら楽しみました♪


凧揚げの凧は、これまた自由!
作った後は隅田川テラスに出て皆で揚げました(^-^)
半紙で作った凧は、空高くまであがり、そして1時間程でボロボロに…
楽しく揚げた証拠ですね(^_^;)
そういえば、近づく学校のマラソン大会の練習に、テラスの端っこまで凧と共に走っていってしまう子もいました(笑)


時間の合間にオマケのつもりでやったビンゴ大会もクリスマス会同様、大興奮の内容(>_<)


冬休みの1日の、楽しい思い出になったかな(^ω^)


s_035_201401061612340eb.jpg

s_032.jpg


s_026_2014010616123769d.jpg


s_020_20140106161239275.jpg


s_016_201401061612400e8.jpg


s_008_201401061617004ff.jpg


s_009 (1)

2013年もありがとうございました。

2013年も今日が終わればあと3日です。


年末になるにつれて時間がまったりと流れるような感じがするのは、皆さまも同じでしょうか(^-^)


本日で年内の冬期講習が終わり、先ほど最後の生徒たちが元気に帰っていきました。


浅草橋教室ができてから3年弱。
僕が浅草橋教室に来てから、ちょうど2年。
周囲の人の支えを受けて教室を作り始めました。
初めは右も左も分からなかったような自分は文字通り何も分からず。。。
自分の役割を果たせている感じは全くなく、周囲に数ある塾の中でペガサスを選んでくれてる生徒たちに何を与えてあげられるかと考えてきました。


そのような中、
1年半前に始めた【レベルアップシート】
11月から始まった【日本一のあいさつ】
頭ではなく、心を鍛えるアプローチ。
そして、日々の関わり方。
などなど。
ペガサスは、成長する生徒たちに一役担えるような存在になってきていると感じることができるようになってきました。


そんな今、「ペガサスはどんな塾ですか?」と聞かれれば
「台東区で一番、元気のいい学習塾です」
と答えます。


これからも、毎日を元気に通ってくれる生徒の未来のために、まだまだ精進していきます。
皆さま、今年は本当にありがとうございました。


来年の干支は「午」。
羽根の無い馬から翼が生え、大空を舞うペガサスとなるように、生徒たちと共に成長していきますので、2014年もペガサス浅草橋教室をよろしくお願い申し上げます。


教室長 麻田泰祐

s_069.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。