スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙に「参加できる」18歳を目指して

こんにちは!

先日、選挙権を得られる年齢を従来の20歳以上から18歳以上へ引き下げる改正公職選挙法が、
参議院にて全会一致で可決、成立しました。
成立に当たり「全会一致」というのは少し違和感がありますが、
反対意見は無く全て賛成票で成立したのですから、よっぽど問題も無く素晴らしい法案であるのでしょう……。
と、言いたいところですが本当にそうでしょうか。

確かに、18歳から参政できることについては僕も賛成です。
……つまんないですね~(笑)
いや、でも本当に賛成です。
より多くの国民の民意が政治に反映されるというのは、民主主義として素晴らしいことだと思います。
しかし、現在の18・19歳の若者は政治に興味があるのでしょうか。
昨年行われた衆議院選挙において、調査では20歳~24歳という年代の投票率は30%を切っているようです。
3人もしくは4人に一人の割合でしか投票に行っていないということになりますね。
18歳といえば高校生。これからは学生も有権者となるということで、
学校でいかに主権者教育を行うかという議論も高まってくるでしょう。

それでは、学校や塾という教育機関としてできることは何でしょうか。
僕の意見は一言で表せば、ずばり「興味を持つこと」です。
学校の先生にもよるでしょうが、現状の学校の公民・歴史の授業で、政治に興味を持つことは少ないでしょう。
第一、高校生にもなると大学受験のための勉強に時間を取られ、
受験に出ないような興味の勉強をする機会は奪われてしまいます。
文字通り「お受験のための知識」しか教えている暇がないのです。
しかし、冷静に考えれば公民・歴史の授業は、十分現在の政治に繋がる内容です。
テレビのニュースも思考材料になります。
興味を持てば、18歳で選挙権を得るまでに考える時間は十分にあります。
その興味付けのため、ペガサスでは授業前のスピーチの時間に僕がリーダーになった時は
ほぼ毎回時事ニュースや近現代史などを取り上げた内容を話しています。
生徒に質問を投げかける参加型のスピーチです。

いずれにしても投票に行くという行為は、有権者の重要行動の1つです。
国政に正しく参加できる人が若い世代からも増えれば、
国にとってもそこに住む国民にとってもより良い未来を作っていけます。
なぜなら若い世代というのは、これから「一番長く日本で暮らす世代」なんですから。
他人ごとではなく自分たちのこととして考え、参政するべき世代が若い世代なのです。
スポンサーサイト

登山イベントを行いました!

こんにちは♪


先日、ゴールデンウィークの最終日に、登山イベントを行いました(^_^)


登ったのは、高尾山と小仏城山。


一日で二つの山を登り、縦走してきました。


s_028_20150514164731b19.jpg


新緑の季節とあって、木々が萌えていましたよ!


本当にこの時期の登山は、山に生命力を感じますね(>_<)


s_031.jpg


高尾山登頂♪


s_037 (1)


「もうこれから下るんだよね?」


ってヘトヘトの子どもたち。


いや、これからでしょーーーーー!!!


ってことで小仏城山へ向けて高尾山出発!


この花は何という名前の花でしょうか??


s_032 (4)


で、なんだかんだ言いながら、小仏城山へ到着!


「もう1つ山登れそう!」


ってさっきまでブーブーいってた子もテンション高め(笑)


ここでお昼ご飯です。


お昼ご飯は…


そう!山といえばカップヌードル!!!


あらかじめ電話で山頂茶屋の方にお湯をお願いしておいたので、山頂ですぐにいただきまーーーーす!


うん、うまい!


で、感の言い方はお気づきかもしれませんが…


そう、写真撮り忘れてます(^_^;)


茶屋の方にも良くしていただいて、お腹いっぱいになったら子どもたちはかき氷も食べて…


芝生の上でゴロゴロして…


山頂でまったり過ごして下山してきました(^O^)


帰りは、小仏峠から小仏バス停へ下山。


途中、民家の軒先で梅干しを販売していたので、買ってみんなで種飛ばし大会!(笑)


朝の出発は7時、帰宅は18時の、ちょっとハードでまったりの!?良い新緑登山でした♪


次のイベントは、5月24日「ちゃりんこライダーズクラブ」です。
お楽しみに♪


おしまい(^ ^)


s_039.jpg

「算数苦手」なんて思い込んだらダメ!

こんばんは。


入塾する生徒に、「算数が苦手」という子が多いです。

しかし、実際に浅草橋教室で学習を進めていくと、知らぬ間に「算数が得意」になっている生徒がいます。

その生徒たちの共通点は…

「計算が苦手」なだけだったということです。



野球で例えるなら…

「グローブとバットを持っていない」=「僕は野球が苦手」

と勘違いしているようなものです。



「計算」という道具を持ってこそ、初めて「算数」という試合に参加できます。

そのためにも、まずは思い込みを止めさせて、計算力を身に付けるための行動を促しましょう。



もちろん、計算ができるようになった後の練習も大切!

驚くべき力を、発揮してくれるかもしれませんよ♪

学年末テスト【盛り上がっています】

こんにちは!


本日から、近隣中学校では学年末テストが始まりました。


浅草橋教室では、基本的にテスト週間は毎日通塾していいことになっています。
テストの2週間前には学校の提出課題を全て終わらせてテスト勉強に取り組みます。


きちんと提出課題を終わらせて万全の態勢で試験に挑む生徒、
直前までやるべきことをできずにズルズルと来てしまった生徒もいます。


しかし、今日は既に、テストが終わってすぐに教室へ来て13時から頑張っている生徒が何人もいます。
ズルズルときてしまった生徒も、その経験から学んだことがあったよう。
実際に、力を入れて取り組んだ社会はできたと言っています。


テスト勉強の課題として出した教材を必死で取組中!
明日のテストではさらなる飛躍を!

子どもたちにとっての「居場所」

こんにちは!


生徒から、他の生徒の塾外での話をよく聞きます。
すると驚くことに、ペガサスでの様子とまったく違うということがよくあります。


「え!?そこ(学校や他の習い事など)ではそんな風に振る舞ってんの!?」
というような話です。


基本的に僕は、生徒たちは真っ直ぐでいい子たちばかりが通ってくれているなぁ、という想いを感じています。


その生徒が、他の場所では問題児扱いをされている…


ペガサスでは、僕が求めるような人間として振る舞っているのか?
僕が怖いからいい子ぶってるのか?


どちらも違います。
問題を起こすような生徒たちは、その場所に「居場所」を感じていない。
子どもたちに「居場所」を与えることも塾の大切な役割であり、そこから指導は始まるのです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。